不思議な不思議な空間へようこそ。ここは守夜が織りなす夢も希望もないトコロですよ。


by moriya_mino
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そうだ、熊野いこう -3rd- 追記

よくよく見たら、大雲取越のトコ愚痴っぽくなっていたのできちんと書きます。

昨日のトピックをご覧になり、気分を害された方には深くお詫び申し上げます。



--------

始めの方は緩やかな(斜度30度…位かな)の坂道を1時間半ほど延々と登ると、見晴らしの良い休憩所が見えてきました。
越えて解ったんですが絶景ポイントはここだけみたいです。他のトコは木が邪魔で撮り難い…

雨の日だったので景色はあんま良くなかったんですが…
しかし雲海目的だったので文句はいえません。
一応パチリとカメラに納め、ここからは緩やかな下り道を下っていきます。


と、ここで足跡を発見。
さっき出来たばっからしいトコを見ると、私以外にも越えている人がいる!と、ちょっと小躍りしながらすすみます。

絶景ポイントを抜けると、越えるまではひたすら森の中を歩きます。
そのため苔がそこいらに群生して何度も足を掬われました。特に石畳にびっしり生えているトコは恐る恐る進みました。


緩やかな坂の次はかなり急な石畳(登り)が延々と続いてました…

汗が吹き出す~…


そういや1箇所だけ見つけられなかった観光スポットがありました。
どうも地滑りで埋もれたみたいです。


終わりに近づくにつれ、撮影は適当になったのが悲しい所。
円座石はきちんと撮りたかったなぁ…
デジカメの撮影写真を見ると凹みます。



足跡の人ですが、宿に戻ったら居ました。何でも那智から大雲を5時間で歩いてきたそうです。

背の高い、20代後半位かな?



散々でしたが楽しかったです。
[PR]
by moriya_mino | 2007-09-07 08:17