不思議な不思議な空間へようこそ。ここは守夜が織りなす夢も希望もないトコロですよ。


by moriya_mino
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『日常』な現実

大分この会社にも慣れてきました。雑務に精を出してます。

そんな私ですが、どうしても逆らえない動物的現象があります。
それが起こらないように心がけてはいますが思うようにはいきません。
そして学校が恋しくもなります。


だってGC月曜日学校休みだし


自分から行くと言った手前、文句を言えるはずが無いのですが…

早く自分の自由時間確保を出来るようになりたいです;



そんな事を考えながらも、今日も学校に行きました。
その途中、GPのO久保とM藤が前から来ましたが、私は気付かずにそのまま通り過ぎようとした所、M藤に「おい無視すんじゃない」と肩を叩かれながら言われました。

ごめん、叩かれた直前「誰!?」とか思った。…わざとぢゃないよ?

二人と偶然会った私達は、しばし会話に花咲かせながらも、再び学校へと足を動かしました。
目的地に到着し、そこにいるであろう人達の所…Mac roomへ急ぎましたが、もぬけの殻。


だ れ も い な い … !


…当たり前か今日休みだし

なので疲れが取れ次第すぐに帰りました。
そんな時、私が「ポッフンやりたい~」と駄々をこねてゲーセンに寄りました。ありがとねPロコさん…。そしてお礼に100円なんてケチい事してごめんなさいm(_ _;)m


いや~音ゲーって見てるだけでも面白いですね。Pロコさんはポプラーで、本人はまだまだ。と言いますが神レベルで無いにしろ十分上手です。
ただ、あまりにもレベルの高いのは落ちてくる数が多すぎ&スピード早すぎで目回ります…


とまあ、今日はこんな一日でした。
[PR]
by moriya_mino | 2005-06-13 23:32